2004年11月16日

姫路の水、5ヶ月目

8/5の記事でも書いたとおり、
      (→「水・・・ナチュラル、ビオ?」)

姫路の水を使い続けています。
7月中旬頃に購入したから、かれこれ、5ヶ月。
それは、兵庫県姫路市の雪彦山の地下150mとか200mが源泉だそうです。

とりあえず、その後ですが、
冷蔵庫に保存し、スプレーで毎朝晩、スプレー。
この夏の夜のお手入れでは、化粧水代わりに、
この水をスプレーして、顔になじませるだけ。
あとは何もつけないで、過ごしてみた。

水だけ。

うそ? うそでしょ〜?! というくらい、
お肌ツルツル、なめらか、すべすべ。

さすがに日中は、化粧をしないといけないので、
基礎化粧しますが、
とにかく、まずはこの姫路の水をたっぷり顔につけて、なじませる。
その後、化粧水をコットンでつけ、いつもどおり化粧するけど、
夜はこの水だけ。

本当は、塩素とか入っている水道水で顔を洗いたくもないけど
(だって、乾燥するし、肌によくない。)、
さすがに裕福な身分ではないので、天然水で顔を洗うことはできず、
いたしかたない。
でもその分、この姫路の天然水を洗顔後に、たっぷり顔に塗布します。


夏の暑い時期は、汗や皮脂がでるので、適度に肌に膜が張られます。
もちろん、汚れなので朝には、顔を洗ってその余分な汚れは落とすわけですが、
秋も深まって、さすがに夏ほど皮脂が出ない? ぼちぼち乾燥の季節。
なので、時々、化粧品メーカーの保湿クリームを塗って寝ますが、
なるべく水だけにしています。
3〜4晩に1回くらいかな。今のところは。

要するに、この天然水だけを使って、あとはなるべく
自然の力、本来持っている生命の活性化を生かそうかな、と、
つまり治癒能力を弱めないために、
天然水だけにしてみようと。
(その歳で今さら鍛えても・・・と聞こえてきそうですが・・)

とはいえ、ただの「水」。
何も添加物は入っていないとのこと。
だから決して、「化粧品」でも「薬」でも「魔法の水」でもない。

だから、さすがにしみ、しわ までは 改善されない(笑)。
これらに効けば、嬉しいが、
でも、水だけで、しみ も しわ もなくなったら、
かえって怖いというもの。

化粧で若返りされても怖い、と思うでしょ(笑)。
同じよね、水だけで若返りされたら、それ水じゃないかも?

食べ物とか環境とか生活サイクルとか、そういうすべてのバランスがあって
はじめて、若い肌というか、美しい肌が保てるように思う。
(そういえば、地方のおばあちゃん達って、もちろん歳だからしわはあるけど、
 ツヤとハリがあって、きれいだし、若い肌してるよね〜)

この水の詳細は知らないが、
とにかく、いい調子ですよ。

もちろん、若返ったとか、きれいになった、とか、そういうのではないよ(笑)。
元々の肌以上に良くはならないよ(バケモンじゃないよ)。

その人その人の元々の肌になればベスト。だと思う。

どうかな?

これは私の思うことなだけ。


そしてもちろん最後に言っておきますが、
別に美人になるわけではない。

お肌なめらかと、美人とは、別問題でしょう。
もとが美しい人は、どのようにしても美しいし、実際全てにおいて努力をしている。

いくら、使うものにこだわったところで、美人になるわけではない。(私)
それとこれとは別問題なのです。 はいはい、解ってますって。
(突っ込まれそうだから、自分から言っとくわ)

全てにおいてそうだと思うけれど、
自然体は、自然そのものであるが、
作られたもの、芸術や創造物は、感動を与える美しさがあると思う。
それは無理をしているから。そこに感動とエロチシズムがあり、
人間とは、それに心が動かされるものだと思う。

自然体のありのままの筋肉よりも、
例えば、バレリーナ。踊るためだけに造られた筋肉。
体には無理をして、決して自然ではなく、健康ではないのかもしれないけれど、
しかしそのバレエという芸術は美しく、感動を与える。
(って、聞いたことがあるし、私もそう思う) 

野生の野菜よりも、
栽培した野菜、ストレスによる甘みの凝縮。
植物としては自然体の健康ではないかもしれないけれど、
人間が食べる趣向からしたら、断然美味で喜ばれる栽培野菜となる。

ちょっと話がそれてきましたので、また続きは別で。


posted by 二チーナ at 04:12| Comment(1) | TrackBack(0) | ナチュラル,ピュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TrackBackを誤って4回もしてしまいました。
申し訳ありません。
コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by miki at 2004年11月20日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。